会長挨拶

フットボール学会会員の皆様

 

この度、平成29年度より会長を務めさせて頂くことを大変光栄に思います。学会設立時に事務局をさせていただいた身といたしましても、「科学的研究とフットボールの現場との架け橋」を目指した設立理念を忘れずに、日本フットボール学会の発展に尽力していきたいと思います。

 この理念を実現させるためには、フットボール研究で得られた知見をフットボールの指導現場に応用していく積極的な働きかけと仕組みづくりが重要だと思っています。他のスポーツ種目と同様に、フットボール研究は1964年の東京五輪開催をきっかけに活性化されました。来たる2020年の東京五輪だけではなく、さらにその先の未来に向けて、全てのフットボールのハイパフォーマンス研究のプラットフォームづくりとともに、若い研究者や指導者の育成をサポートしていくことを進めていきたいと考えています。

 会員の皆様からも、様々な視点からアイデアをいただきながら、フットボールの壁を越えた活発な議論が出来る場を提供していきたいと思いますので、今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします。

 

日本フットボール学会会長

安松幹展(立教大学コミュニティ福祉学部スポーツウエルネス学科)

 

 

Dear Science and Football family,

 

I am deeply honored to send my greetings as new president of the Japanese Society of Science and Football (JSSF). When the JSSF was established in 2003, the building of a ‘bridge’ between scientific research and the actual football scene was created and determined as basic principle and philosophy by the initiating members. I will try my best to keep this philosophy as open as the original intention and make it the fundament of all our future activities.

One of the central aims of JSSF is to urge activities for the application of football sciences to the practice of coaching in actual football scenes. Same as in other sports, scientific studies and research on football in Japan have been activated from the Tokyo Olympic Games in 1964. On the way to the 2020 Tokyo Olympic Games and even beyond, I hope that JSSF will become the leading platform of football science for high performance in all different levels and categories of football in Japan and support the development of young researchers and coaches. In order to accomplish this mission,

I would like to ask all members for your guidance and encouragement to build and develop this platform together.

 

Mikinobu Yasumatsu, Ph.D.

JSSF Chair

Department of Sport and Wellness, Rikkyo University